日本の再生医療のリーディングカンパニー

特定細胞加工物製造事業

特定細胞加工物製造事業として

CPC施設内の写真当社は、再生医療等の安全性の確保等に関する法律に沿った構造設備による大規模CPC(Cell Processing Central-plant)を設置し、特定細胞加工物製造事業者として、医療機関が再生医療を提供するために必要な、細胞加工物の製造、細胞の輸送、細胞保管、各種申請事務等をすべてサポートしております。

構造設備

約100坪のスペースには、独立した個別空調により管理された細胞加工室が6区画あります。構造的に各区画の空気経路は他の区画から遮断されているため、万が一ある部分の区画の汚染事故があっても、汚染の封じ込めを迅速に行うことで他の区画の安全性を担保します。また、これらの細胞加工室の運用に関しては、当社専用に開発されたコンピューターシステム(CSV対応)を備え、まさに次世代の、そして再生医療等の安全性の確保等に関する法律に合致した構造設備となっています。