日本の再生医療のリーディングカンパニー

特定細胞加工物製造事業

特定細胞加工物製造事業として

CPC施設内の写真当社は、「再生医療等安全性確保法」に則り、2015年11月に厚生労働省より特定細胞加工物製造業許可を取得しました(施設番号:FA3150017)。生産拠点は東京都中央区勝どきにあり、大規模CPC(Cell Processing Center)にて再生医療を提供する医療機関の依頼を受けて、細胞加工物の製造、保管、輸送の受託業務を行っています。

構造設備

生産活動は再生医療等安全性確保法に則り、GMP準拠の品質システムの下で行っています。その生産設備であるCPCは高度に管理された空気調整設備により、高い清浄度を確保しています。こうしてソフト及びハード面の対策により細胞の取り違い、交差汚染、微生物汚染を防止して高い品質の細胞加工物を医療機関へ提供しています。
また医療機関の求めに応じて、新しい細胞加工物のプロセス開発も行っています。